FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在の膠原病(全身性エリテマトーデス)を発病したのは20歳の頃。

http://www.plapla.com/new-new.hike/dokotako.html
お時間があればホームページを見て下さい。
その後、結婚後すぐに入院
ステロイドを大量に点滴で投与、その後は錠剤を服用してたのですが・・・
それで、アトピーは抑えられていたんですね~
時々顔に真っ赤な花火が打ちあがりましたけど、
すぐに薬で治まってしまったので、
こんなに全身に出てしまうのは初めてです。
(子供の頃の記憶はないので、なんともいえませんが^_^;)
自分自身、たいへん戸惑っています。
スポンサーサイト

アトピ子暦(湿疹)

私が子供の頃(といっても大変遠い話ですが)アトピーという言葉ではなく
「しっしん」といわれました。
母によりますと生後半年で発病したらしいです。
かゆくて泣く私を毎晩さすって
「寝られんかった・・・」そうです。
当時の皮膚科の先生は
「成長の妨げになるから、何でも食べさせなさい。」と
おっしゃったそうで、
そのお陰で?好き嫌いのない健康な子に育ちすぎました(笑)

子供の頃の写真を見ると
膝や腕などが白くカサカサになっているのが良くわかります。
一緒に写っているほかの子より1回りほど大きいので
余計に目立っているように見えます・・・

20歳で膠原病を発病する頃には
治まっていたように思います。 文字色

かゆいかゆいで一日が終わり、一日が始まる

去年の夏は、通常は夏が過ぎれば治るアセモが、ちっとも引かない・・・??
そう言えば、プレドニンを減量し始めて1年半 3mgになった頃からかな~
と、思えば合点がいく。

現在は近所の皮膚科へ通院中
通い始めて2ケ月
薬湯・漢方を主にヒルドイドローションとヒルドイド軟膏
ステロイド剤は塗り薬に混ざっていますが
即効性があるほど強くはありません。
ので、まだ目に見えての回復の兆しは残念ながら・・・

毎朝、毎昼、毎晩
かゆいの痒いの飛んで行け~と叫びながら
仕事に、家事に、遊びにと
気を紛らわす日々です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。