FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育入院★4日目・5日目

■アトピーは精神の状態にも関係するということで
アンケートを行って、専門の先生との面談もありました。
かなり期待をしていたのですが
頂いた結果は・・・うつの少し手前で
専門用語が多く、あまり突っ込んだ回答にはなっていませんでした。
違った自分、気づかなかった部分の発見があると少し楽しみにしていたのですが
ちょっと残念です。
以前のカラー診断では、小さなことでも楽しみに変える前向きな性格と云われたので、これが情緒不安定ということでしょうか?

■教授との質問コーナーもありました。
ひとりひとり充分な時間がとってあると思います。実際には余ってしまうくらいですけど^_^;
質問を考えてはいったんですけど、私は7つ
・温泉に入ってもいいですか?(以前、入浴後に痒みがひどくなったので・・)
 ⇒教授はこのときはOK!といって下さいましたが、
  翌日の講習で、入浴は入って出てくるまで“10分”といわれ、ゆったり入ってはいけないのだな~と^_^;
  温まると痒みが出てくるので・・・温まる前に出てこなければならないのです。
・私の場合SLE(膠原病)との関係 などなど
回答はすべて明快で多分10分くらいで終わってしまった。

結局はいつ治まるんでしょうか?が一番知りたいことなんですが、共存していく為にはこれからどうすればいいのかを考えなくちゃいけないんですよね~
スポンサーサイト

教育入院★2日目・3日目

2日目:外用剤についてのお話

1)ステロイド外用薬は強さによって分類されています。
Ⅰ Strongest
Ⅱ Very Storong
Ⅲ Storong
Ⅳ Mild
Ⅴ Weak
私は、Ⅱのとても強いを使用中(~o~)
顔にも同じ薬を使用しています。(初めは驚きましたが、それだけひどいということらしいです。)

主な副作用は
1、皮膚萎縮 2、痤瘡(にきび)3、多毛 4、感染症 5、緑内障

2)プロトピック軟膏
最も興味深かったのはこのタクロリムス免疫抑制剤のお話です。
1999年11月より成人アトピー性皮膚炎治療薬として日本で発売されました。
比較的新しい薬だといえますね。
『最大のメリットは副作用がない』事なんです。
プロトピックはステロイドよりも分子量が大きい為正常な皮膚は通過しません。
したがって正常の皮膚には影響を及ぼさない・・・のだそうです。
ステロイドの副作用の出やすい顔面に対して長期間使用しやすい・・・のだそうです。

3)保湿剤
最終的に私たちが目指すこととして、薬を使わず保湿剤だけで過ごせるようになること。
といわれて、私には結構ショックというか、なるほどとうなずかされたことなのでした。
講師の先生に足りないものを補ってやればいい、と言われて
そっか~一生私の身体には保湿剤が必要なんだ。と、同時に保湿剤を補充すればいいんだぁ
と言うことに気づかされたのです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。